早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 橘木俊詔著

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 橘木俊詔著

政界、財界、マスコミ、文壇、どの世界をとっても早稲田と慶応の出身者が圧倒的に多い。その理由を「格差社会」「お金持ち研究」でお馴染みの経済学者が分析する。

実学の尊重と塾員の結びつきに秀でる慶応。かたや、個性尊重と反骨精神を大事にする早稲田。こうした校風の違いは、創設者である福沢諭吉と大隈重信の建学精神の結実であり、その教育方針が脈々と受け継がれてきた経緯を明らかにしながら、国立大の後塵を拝してきた両校が戦後躍進した理由に迫る。

そこから、名門校とそうでない大学との差を分析し、少子化時代を迎え生き残りをかける大学経営の在り方、さらには学生の学び方をも模索、考察している。

講談社現代新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。