早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 橘木俊詔著

印刷
A
A
早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 橘木俊詔著

政界、財界、マスコミ、文壇、どの世界をとっても早稲田と慶応の出身者が圧倒的に多い。その理由を「格差社会」「お金持ち研究」でお馴染みの経済学者が分析する。

実学の尊重と塾員の結びつきに秀でる慶応。かたや、個性尊重と反骨精神を大事にする早稲田。こうした校風の違いは、創設者である福沢諭吉と大隈重信の建学精神の結実であり、その教育方針が脈々と受け継がれてきた経緯を明らかにしながら、国立大の後塵を拝してきた両校が戦後躍進した理由に迫る。

そこから、名門校とそうでない大学との差を分析し、少子化時代を迎え生き残りをかける大学経営の在り方、さらには学生の学び方をも模索、考察している。

講談社現代新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT