早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 橘木俊詔著

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 橘木俊詔著

政界、財界、マスコミ、文壇、どの世界をとっても早稲田と慶応の出身者が圧倒的に多い。その理由を「格差社会」「お金持ち研究」でお馴染みの経済学者が分析する。

実学の尊重と塾員の結びつきに秀でる慶応。かたや、個性尊重と反骨精神を大事にする早稲田。こうした校風の違いは、創設者である福沢諭吉と大隈重信の建学精神の結実であり、その教育方針が脈々と受け継がれてきた経緯を明らかにしながら、国立大の後塵を拝してきた両校が戦後躍進した理由に迫る。

そこから、名門校とそうでない大学との差を分析し、少子化時代を迎え生き残りをかける大学経営の在り方、さらには学生の学び方をも模索、考察している。

講談社現代新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。