〈女性職〉の時代 中川美紀著

〈女性職〉の時代 中川美紀著

女性経営者や女性管理職など、昨今は女性の社会進出が目覚ましい。しかし、それは男性と同様のスタイルを強いられたキャリアであり、もっと女性の適性に配慮した形があるのではないかというのが本書の趣旨だ。

そこで気鋭のビジネスアナリストである著者が提唱するのが、女性ならではのキャリアパスとしての「女性職」である。ジェンダーが避けられない以上、女性により適した高付加価値型の働き方を目指すべきだと語っている。

女性向けの職業や職種を紹介しながら、女性ならではの細やかな気遣いやコミュニケーション能力といったソフトインテリジェンスの磨き方を解説、改めて働く意味を問い直している。

角川ОNEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。