〈女性職〉の時代 中川美紀著

〈女性職〉の時代 中川美紀著

女性経営者や女性管理職など、昨今は女性の社会進出が目覚ましい。しかし、それは男性と同様のスタイルを強いられたキャリアであり、もっと女性の適性に配慮した形があるのではないかというのが本書の趣旨だ。

そこで気鋭のビジネスアナリストである著者が提唱するのが、女性ならではのキャリアパスとしての「女性職」である。ジェンダーが避けられない以上、女性により適した高付加価値型の働き方を目指すべきだと語っている。

女性向けの職業や職種を紹介しながら、女性ならではの細やかな気遣いやコミュニケーション能力といったソフトインテリジェンスの磨き方を解説、改めて働く意味を問い直している。

角川ОNEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT