〈女性職〉の時代 中川美紀著

〈女性職〉の時代 中川美紀著

女性経営者や女性管理職など、昨今は女性の社会進出が目覚ましい。しかし、それは男性と同様のスタイルを強いられたキャリアであり、もっと女性の適性に配慮した形があるのではないかというのが本書の趣旨だ。

そこで気鋭のビジネスアナリストである著者が提唱するのが、女性ならではのキャリアパスとしての「女性職」である。ジェンダーが避けられない以上、女性により適した高付加価値型の働き方を目指すべきだと語っている。

女性向けの職業や職種を紹介しながら、女性ならではの細やかな気遣いやコミュニケーション能力といったソフトインテリジェンスの磨き方を解説、改めて働く意味を問い直している。

角川ОNEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。