「異性とのトラブル」の「代償」はいくらなのか

「セクハラ」「不倫」「買春」が露見したら?

ここからは、競馬予想のコーナーだ。

以前に、本連載で、「生命保険は損な賭け」だから、特に新入社員は入らなくていいと書いたら、「損な賭け」を批判している人が、同じ原稿で競馬の予想を書いているとは笑える、という趣旨のコメントを複数頂いた。記事を書いた本人も良い指摘だと膝を打ち、大いに笑った。

競馬ももちろん「損な賭け」の一つだ。基本的に儲かるものではないので、筆者の予想など信用しないで、今回も笑い飛ばしてほしい。

読売マイラーズカップを予想

さて、週末は、桜花賞、皐月賞とG1レースが続いた後のひと休み的な週になる。フローラステークス(G2)とマイラーズカップ(G2)のどちらを取り上げるかに迷ったが、今回の記事のテーマが「女難」だったので、若い牝馬の戦いである前者を避けて、古馬の別定重量のマイル戦である読売マイラーズカップを予想することにした。

1番人気かもしれないので個人的には少し気が進まない面があるが、やはりエアスピネルを本命に採るべきだろう。

前走のマイルチャンピオンシップ(G1)はやや早仕掛けの分ゴール前でペルシアンナイトに差されて2着だったが、内容的には勝ちに等しいレースぶりだった。開幕週の速い馬場に対応できる持ちタイムもある。同レースの半馬身差3着のサングレーザーの直線の伸びも目立ったが、今回、エアスピネルとは斤量関係が逆転(サングレーザーは前回56キロで今回57キロ。エアスピネルは逆)しており、エアスピネルを中心と見るべきだろう。

対抗は、速い馬場が合いそうで鞍上にクリストフ・ルメール騎手を配したモズアスコット、単穴にサングレーザー、以下ブラックムーンとロジクライを押さえる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。