新書で入門 宮沢賢治のちから 山下聖美著

新書で入門 宮沢賢治のちから 山下聖美著

フリーター、パラサイトシングル、シスコン。宮沢賢治の生涯にはこんな現代のキーワードがあてはまる。生前はほとんど無名で自費出版の詩集は古本屋で棚ざらし、やっと出した童話集もまったく売れず印税代わりにもらったのは自著100部。生涯に稼いだ原稿料はたったの5円だったという。

しかし、没後火がついた人気は生誕150年を越えた今も衰えることを知らない。日本近現代文学を専門にする著者は、賢治の作品には独特の「感じ」、特異な感覚の「ちから」があるという。

五感を超えた賢治独特の感性に注目しながら、21世紀に入ってもなお多くをひきつけてやまない宮沢賢治の生涯と作品世界を読み解く。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT