新書で入門 宮沢賢治のちから 山下聖美著

新書で入門 宮沢賢治のちから 山下聖美著

フリーター、パラサイトシングル、シスコン。宮沢賢治の生涯にはこんな現代のキーワードがあてはまる。生前はほとんど無名で自費出版の詩集は古本屋で棚ざらし、やっと出した童話集もまったく売れず印税代わりにもらったのは自著100部。生涯に稼いだ原稿料はたったの5円だったという。

しかし、没後火がついた人気は生誕150年を越えた今も衰えることを知らない。日本近現代文学を専門にする著者は、賢治の作品には独特の「感じ」、特異な感覚の「ちから」があるという。

五感を超えた賢治独特の感性に注目しながら、21世紀に入ってもなお多くをひきつけてやまない宮沢賢治の生涯と作品世界を読み解く。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。