ファション誌「アフリカ版ヴォーグ」が必要だ

スーパーモデルのナオミ・キャンベルが提唱

 4月1日、英国のスーパーモデル、ナオミ・キャンベルさんは、ファッション雑誌「ヴォーグ」がアフリカ版を創刊するよう提唱し、アフリカの国々による世界のファッション業界への貢献を認識すべきだと述べた。写真は先月4日ビバリーヒルズで撮影(2018年 ロイター/Danny Moloshok)

[ラゴス 1日 ロイター] - 英国のスーパーモデル、ナオミ・キャンベルさんは1日、ファッション雑誌「ヴォーグ」がアフリカ版を創刊するよう提唱し、アフリカの国々による世界のファッション業界への貢献を認識すべきだと述べた。

ナイジェリア最大の都市ラゴスを訪れ、当地で開催されたファッションショーに登場したキャンベルさんは、ロイターのインタビューで、アフリカをもっとアピールする必要があると語った。

昨年中東の読者向けに創刊された「アラビア版ヴォーグ」に続く展開として、「ヴォーグ・アフリカ」が必要だとし、アフリカの布地、素材、デザインは世界で受け入れられているのだから、と指摘した。

また、昨年4月に英国版ヴォーグの編集長にガーナ出身のエドワード・エニンフル氏が就任するなど、ファッション界でも多様化が進む兆候がみられる、と付け加えた。

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。