ファション誌「アフリカ版ヴォーグ」が必要だ

スーパーモデルのナオミ・キャンベルが提唱

 4月1日、英国のスーパーモデル、ナオミ・キャンベルさんは、ファッション雑誌「ヴォーグ」がアフリカ版を創刊するよう提唱し、アフリカの国々による世界のファッション業界への貢献を認識すべきだと述べた。写真は先月4日ビバリーヒルズで撮影(2018年 ロイター/Danny Moloshok)

[ラゴス 1日 ロイター] - 英国のスーパーモデル、ナオミ・キャンベルさんは1日、ファッション雑誌「ヴォーグ」がアフリカ版を創刊するよう提唱し、アフリカの国々による世界のファッション業界への貢献を認識すべきだと述べた。

ナイジェリア最大の都市ラゴスを訪れ、当地で開催されたファッションショーに登場したキャンベルさんは、ロイターのインタビューで、アフリカをもっとアピールする必要があると語った。

昨年中東の読者向けに創刊された「アラビア版ヴォーグ」に続く展開として、「ヴォーグ・アフリカ」が必要だとし、アフリカの布地、素材、デザインは世界で受け入れられているのだから、と指摘した。

また、昨年4月に英国版ヴォーグの編集長にガーナ出身のエドワード・エニンフル氏が就任するなど、ファッション界でも多様化が進む兆候がみられる、と付け加えた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。