プレイボーイ誌がヌードを「捨てる」ワケ

男性誌が肌の露出を控えて得るものとは

マリリン・モンローも表紙を飾った雑誌『プレイボーイ』(Playboy via The New York Times)

9月、米プレイボーイ誌の編集幹部コーリー・ジョーンズは、同誌の創刊者であるヒュー・ヘフナーに会いに「プレイボーイ・マンション」と呼ばれるその邸宅に赴いた。

ピカソやクーニングの作品が飾られたヘフナー邸のダイニングルームで、ジョーンズは緊張の面持ちで大胆な提案をした。プレイボーイと言えばアメリカにおいて、性を人目を忍ぶものから開けっぴろげなものへと変えた先駆的存在だというのに、女性のヌード写真の掲載をやめようというのだ。

新提案を創刊者ヘフナーも了承

89歳と高齢ながら現在も編集主幹に名を連ねるヘフナーは、ジョーンズの案に同意した。プレイボーイは来年3月の誌面リニューアルの一環として、フルヌード写真の掲載をやめる。ただし挑発的なポーズの女性の写真の掲載は続けるという。

プレイボーイを発行しているプレイボーイ・エンタープライゼズ社の幹部は、自らが先駆けてきたはずの時代の変化に同誌が追い抜かれてしまったことを認めている。「今ではクリックひとつで想像の及ぶあらゆる性行為がタダで見られる。そんな時代に(ヌード写真は)時代遅れだ」と、スコット・フランダース最高経営責任者(CEO)は言う。

ある世代のアメリカ人男性にとって、プレイボーイを読むこと(つまり懐中電灯の下でよこしまなスリルを味わうこと)は文化的な通過儀礼のようなものだった。だが現代では、ティーンエージャーの男子はみんな携帯電話でインターネットを利用できる。ポルノ雑誌がもっていた衝撃を与える力や商業的な価値、文化的な存在意義は、それがプレイボーイのような有名誌であっても、もはや失われてしまっている。

次ページかつては560万部を誇ったが……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。