世界を驚かせた2017年の炎上事件ワースト5

SNS全盛の今、掘り起こされてしまうことも

一度燃え上がってしまったら簡単に消火できない時代だ(写真:gc8hiro / PIXTA)

日本と海外の情報格差がなくなってきた。多くの情報は、すぐさまスマホでキャッチできる。しかし、それでもなお、海外では報じられているにもかかわらず、日本では言語の問題で、さほど紹介されないニュースがある。

その中には日本人にとっても興味深いものも少なくない。「日本ではあまり知られなかった2017年世界の炎上騒ぎ」を5例、紹介しよう。“語られない”問題を見ることで、日本に伝播しなかったのは当然だったか考えるのは面白いだろう。

言論の自由ではあるが…

(1)マクドナルドのトランプ大統領批判

米国マクドナルドのツイッターアカウントが2017年3月16日、トランプ大統領に批判的な書き込みをした。かなりストレートで“You are actually a disgusting excuse of a President”とし、「残念なヤツが大統領に選ばれた」とまで書いた。

もちろん、言論の自由はある。私もそれは自由だと思う。ただ、批判が殺到するのも、想像に難くない。米国でも同様だった。

「中の人」の犯行かもしれないが、いちおうマクドナルドの言い分を信じるならば、これはマクドナルドのアカウントがたまたまこのときにハッキングされたのが原因で、マクドナルドとは無関係の誰かが、トランプ大統領の批判ツイートを投稿したようだ。

とりあえず、「Trump disgusting excuse McDonald」とでも検索すれば、対象となるツイートを載せる記事を見つけられるだろう。

現在では、トランプ大統領を揶揄的に批判するのは茶飯事だ。メディアに出るコメンテーターで、むしろ、トランプ大統領支持者は少数だといっていい。それでも、いち企業が堂々と、自国の最高指導者を批判するのはいかがなものだろうか。SNSを考えてみてほしい。日本で大手企業の公式アカウントが、安倍首相を批判する書き込みをしたらさすがに非難されるに違いない。

次ページアディダスが送ったメール
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。