健康を食い物にするサイトに下された審判

「私たちの声はグーグルに届く」

「WELQ問題を契機に、ネット上にはこのようなサイトへの問題意識が生まれ、自浄作用が働きつつあります。しかし、検索エンジンというのは、どれだけ改善されても完ぺきになることは絶対にありえません。引き続き、みなさんの継続的な監視と警告が必要です」

情報のリレーが、自浄作用につながった

WELQ問題を振り返ってみると、辻氏や私のような個人が発した声を、私が勤務するBuzzFeed Japanのようなネットの報道機関が拾い、話題となったことで新聞やテレビなどの既存メディアでも取り上げられ、政治家や都が動いてWELQ閉鎖に至った、という一連の流れが見えてきます。

WELQ後はどうでしょうか。グーグルの対応は迅速とは言えませんでしたが、私がBuzzFeed Japanで継続的に報道して、ネットで話題になっていたことは、少なからずグーグルに届いていたことがうかがえます。

辻氏の指摘する「監視と警告」を実現できるのは、やはり、ネットならではだと言えそうです。というのも、個人がマスメディアや政治家、都、大企業に意見を言うことは、現実世界ではなかなか難しいことです。しかし、「フラットである」ことが最大の特徴であるネット空間では、たとえアメリカ大統領に対してであっても、ツイッターなどで直接、呼びかけることができるのです。

つまり、ネットは現実世界よりも、自浄作用が働きやすいと言うことができます。

WELQ問題が新聞やテレビなどの既存のメディアで報じられるときに、私には気がかりなことがありました。それは、この問題をネットの弊害として、あまつさえ「自分たちにはこんなことは起こりえない」とでも言いたげに、既存メディアがこの問題を扱っていたことです。

たとえば、2016年12月2日付の日経新聞デジタル版の記事「DeNA、9情報サイト休止 検索上位狙い編集歪む」には、このような記載があります。

「情報が氾濫する現在、まとめサイトの人気は高い。しかし、情報を提供するには、多大な労力と細心の注意を払って内容を精査する作業が欠かせない。DeNAの不祥事は、ネットメディア全体の信頼性を揺るがすことにもなりかねない」

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

たしかに、検索エンジンのジレンマはネット特有の問題です。しかし、詳細は割愛しますが、問題を最初に指摘したのは既存メディアに属さない個人としての私(当時)であり、マニュアルの存在のスクープは、ネットメディアであるBuzzFeed Japanであり、ネットの中の人たちでした。これはまさに、ネットメディアによる自浄作用ではありませんか。

そもそも、ネットメディアというのは不思議な言葉だな、と私は思います。新聞やテレビも今、ヤフーニュースに記事や番組を配信しています。Twitterを積極的に活用しています。そうであるなら、新聞やテレビもネットメディアです。

ネットはすでに生活の大きな一部であり、切り離すことはできません。前述の日経新聞デジタル版の記事について言えば、ネットに記事を掲載していながら、ネットメディアの信頼性を問うというのは、なんだか立ち位置がよくわかりません。メディア全体が信用されなくなりつつある中で、ネットとそれ以外を区別しようとすることは、私には現実逃避のように思えてしまうのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT