ゆとろぎ 片倉もとこ著

ゆとろぎ 片倉もとこ著

書名のゆとろぎという言葉はイスラーム研究で著名な著者の造語で、「ゆとり」+「くつろぎ」から「りくつ」を引いたものだそうである。利益至上主義とは対極にある、ゆったりと暮らすライフスタイルがイスラームの世界から説かれている。アラビア語のラーハがゆとろぎに該当するとのことだが、イスラームの世界では仕事の後のご褒美としてラーハがあるのではなく、日常生活そのもの、死さえもラーハなのだという。旅、学び、瞑想、知人他人を問わぬ親睦と交流、お茶と菓子で楽しむ会話、あらゆる場面で時間はゆったりと温かく流れていく。

競争や成果やコストからは一線を画した世界だが、日本でもかつてそうした精神は多少は存在していた。そして今、家庭、コミュニティ、社会が壊れていく中で、こんな生き方にも目を向けてみたい。ゆとろぎっぽい生活が送れれば当人以外にも恩恵が及ぶだろう。装丁から本文まで著者の思いが伝わってくる。 (純)

岩波書店 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。