アマゾン「最強会員サービス」に死角はないか

米国本社プライム事業の責任者に直撃

――スマートスピーカーの「アマゾンエコー」が世界的にヒットしました。具体的なプライムサービスとの相乗効果は。

エコーの使われ方として最も一般的なのが、音楽を聞くこと。私自身、自宅に複数台のエコー端末を置いており、1歳の娘は、毎日のように会員向けの音楽配信サービス「アマゾンミュージック」でディズニーの音楽を聞いている。もうひとつの価値は、音声による買い物だ。エコーに話しかけるだけで、思いついたときにすぐ、ほかの動作なしに買い物リストに商品を追加することができる。

アマゾンエコーは3月30日から一般販売がスタート。自社ECサイト上のほか、全国の家電量販店でも取り扱う(写真:尾形文繁)

プライムとエコー。これほどパワフルな組み合わせはないと自負している。われわれはプライムを通じて、顧客の生活を毎日少しずつでもよくしたい。買い物だけではなく、見る、読む、聞く、さまざまなサービスを提供するうえで、デバイスが活躍する範囲は広がっていくだろう。

――プライムの会員費は各国で異なります。日本の価格(年間税込3900円)は破格ともいわれますが、これを見直す可能性はありますか。

ほかのどんなビジネスもそうだろうが、価格改定の議論や意思決定はものすごく慎重に行っている。もし会員費の値上げがあるとすれば、それで得た資金はプライムのサービスをさらに拡充するために使わなければならない。われわれにとって、顧客と長期的なリレーションを築くことが最も重要だからだ。

アマゾンはこれまでも、サービス向上のために多大な投資を行ってきた。その意味においては、決して頻繁に起こることではないが、価格を再評価することもあり得る。ただ、たとえ改定を行ったとしても、顧客が払う価格の何倍もの価値、見返りを提供し続けることは変わらない。

アマゾンと取引先との関係は今後どうなる

――日本ではアマゾンに対する公正取引委員会の立ち入り調査が話題となっています。プライムサービスの拡大は、出品者、仕入れ先メーカーといったステークホルダーとの関係にひずみを生んでいないでしょうか。

ジャミル・ガーニ(Jamil Ghani)/アマゾン・ドット・コム プライムインターナショナル担当バイスプレジデント。ハーバード大学大学院卒業後、米小売り大手ターゲットやウォルト・ディズニーなどを経て現職(撮影:尾形文繁)

公正取引委員会の調査については、私が回答することは適切ではないと思っている。一般化して話すと、まず大原則として、アマゾンにとって最も重要なのは、顧客だ。われわれはメーカーや配送業者と一緒になって、顧客によりよいサービスを提供しようと考えている。その活動を通して、すべての当事者がプラスを得られる関係性を目指している。

2017年のプライムデーでは、大手から中小まで多くの出品者が、おしなべて多大な販売実績を上げた。これ以外にもベンダーや出品者とうまく協業できているケースが無数にあり、アマゾンとしてパートナー企業の商売の拡大に貢献できていると信じている。

――配送業者との関係はどうですか。

出品者のケースと同様だ。顧客に質の高いサービスを提供するため、配送パートナー各社との協業は一層進んでおり、相互にビジネスを拡大できていると思っている。日本の配送は非常に成熟度が高く、特にラストワンマイルの配送効率やスピードで学ぶ点が多い。「もっと早く届けてほしい」という全世界的な強いニーズがあるので、それに応えていきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT