アマゾンが「カー用品」1000万種類を売るワケ

登録した車種情報に合った商品検索が可能に

タイヤ、ドライブレコーダー、カーナビなど、アマゾンジャパンはカー用品の品ぞろえを増やしている(撮影・上写真:尾形文繁、下写真:今井康一)

ネット通販(EC)の巨人が次に目を付けたのは、巨大な自動車市場だった――。

アマゾンジャパンは3月中旬から、自社ECサイトにおけるカー用品の検索を簡便化する新機能「Auto Parts Finder(オートパーツファインダー)」の提供を始めた。

自分が所有する車の情報を一度入力すれば、その車に合ったカー用品の検索が簡単になるという(写真:アマゾンジャパン)

利用者は専用サイト「アマゾンガレージ」にアクセスし、所有する車のメーカー、車種、年式などを入力すれば、自分のアカウントにデータを紐付けることができる。あとは購入したいカー用品を検索する際、検索ページで「この車で絞り込む」というボタンをクリックすると、その車に合うパーツのみが表示される。一つのアカウントにつき、車は10台まで登録することができる。

カー用品の取り扱いは1000万点以上に

アマゾンでは2009年から自動車関連製品の取り扱いを始めた。現在はタイヤやホイールなどのパーツ、カーナビやドライブレコーダーなどのエレクトロニクス製品、アクセサリー、メンテナンス用品など、1000万点以上をそろえる。一方、商品の選択肢が増えるにつれ、利用者が自分の車に合った商品を見つける手間は増えた。新機能の狙いは、その手間を軽減することにある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

特に利便性の高まりそうなのが、タイヤの購入だ。「これまでは適合する型を把握するために、自分でサイズを測ったり、車検証を探して確かめたりする必要があった。それがワンクリックで済むようになる」。アマゾンジャパンの六車進・カー&バイク用品事業部長はそう強調する。ほかにもシートカバーや外装・内装パーツなど、種類が多いうえに車種ごとに細かく型が異なる商品を探す際は、この新機能が役立ちそうだ。

あらゆる消費財のトレンドに違わず、カー用品のECも急速に一般化しつつある。特にタイヤは、国内外メーカーのさまざまな価格帯の製品から選びたい、積雪予報などに応じてすぐに注文したい、といったニーズが強く、ECの強みを生かせる。

次ページ「取り付け」の予約までできる
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT