ティム・クック氏が説く「倫理教育」の重要性

独占インタビューで語った「未来の教育」

ティム・クックCEOが独占インタビューに応じた(筆者撮影)
3月27日、アップルは新型のiPadや子供達の創造性を育む教育用カリキュラム「Everyone can Create」を発表した。その会場にて筆者は、同社CEO、ティム・クック氏にインタビュー。彼が考えるこれからの時代の理想の教育について話を聞いた。
インタビューにはアップルで教育関係の製品を担当するプロダクトマーケティング担当ヴァイスプレジデントで流暢な日本語も話すスーザン・プレスコット氏も同席した。そのインタビューの内容を、最近のアップルの動向に関する解説も加えながら振り返りたい。

教育市場におけるアップルの役割とは?

ーー今日、アップルから非常に幅の広い教育に関する取り組みが発表されました。アップルの教育市場における役割はどのようなものだとお考えですか。

クック:まずは非常に強力な教育の道具をつくることです。でも、それだけでよい教育ができるとは思っていません。強力な道具が、教え子たちを奮い立たせる教員達と結びつくことこそが大事だと思っています。その結びつきこそが世界を導き、人類を前進させる次世代を育みます。

最近、我々はただ道具をつくるだけに踏みとどまらず、我々の得意分野で、こうあるべきだという視点を持つ分野で、子供達の技能習得の手伝いを始めました。我々自身の専門性をいかして、そうした領域に貢献したいと思ったのです。

次ページどのような領域で貢献するのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。