「裁量労働制」、知らないと損する5つの注意点

実態と異なる労働時間、深夜割増の未払い…

働き方改革のテーマの1つとして話題に上る「裁量労働制の拡大」。今回は知らないと痛い目に遭う基本のキを紹介します(写真:xiangtao / PIXTA)

「働き方改革」のテーマの1つとして話題に上る「裁量労働制」。今国会に提出される「働き方改革法案」には、裁量労働制の対象拡大については盛り込まれない見通しですが、生産性向上の一手として期待されています。

今回は、その「裁量労働制」に関する、現場で実際にあった大失敗を紹介します。

ゲーム会社の中堅社員・高橋さんの例

ゲームアプリの開発会社に勤める高橋さん(仮名)は、役職はついていないものの社歴もそこそこ長く、経営陣と現場社員とのパイプ役として重要なポジションを担っている38歳の男性です。

事の発端は職場の「労働担当者」になったことでした。「労働担当者」とは裁量労働制(専門業務型裁量労働制)の導入で必要となる労使協定の締結をする労働者側の代表者のことです。

高橋さんは「頼まれたから軽い気持ちで引き受けました」と言いますが、「裁量労働制」についてよく知らずに安請け合いすると思わぬトラブルに巻きこまれかねません。

次ページ高橋さんが犯した重大な過ち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。