「ビジネス書」最新ベストセラーランキング

3月18〜24日にアマゾンで売れた200冊は?

最新の「ビジネス・経済書」ランキングをお届けする(写真:Greyscale / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月18日~24日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

若手社員を一流に変える「最速育成法」を伝授

1位となったのは、新登場の『若手社員を一流に変えるディップの「最速育成法」 あの会社の新人は、なぜ育つのか』。日本最大級のアルバイト求人サイト「バイトル」を運営するディップの若手社員を一流に変える「最速育成法」について藤沢久美氏が解説している。

2位は、日本の中高校生の多くが中学校の教科書の文章を正確に理解できず、AIに代替されてしまうと警鐘を鳴らす『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著、東洋経済新報社)。発売は2月2日だが、売れ行きは衰えていない。

3位以下をみると、自己啓発書、教養書が上位に集中している。新年度に備えて、自分磨きに勤しんでいる人が多いためだろう。

次ページ1〜50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。