「ビジネス書」最新ベストセラーランキング

3月18〜24日にアマゾンで売れた200冊は?

最新の「ビジネス・経済書」ランキングをお届けする(写真:Greyscale / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月18日~24日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

若手社員を一流に変える「最速育成法」を伝授

1位となったのは、新登場の『若手社員を一流に変えるディップの「最速育成法」 あの会社の新人は、なぜ育つのか』。日本最大級のアルバイト求人サイト「バイトル」を運営するディップの若手社員を一流に変える「最速育成法」について藤沢久美氏が解説している。

2位は、日本の中高校生の多くが中学校の教科書の文章を正確に理解できず、AIに代替されてしまうと警鐘を鳴らす『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著、東洋経済新報社)。発売は2月2日だが、売れ行きは衰えていない。

3位以下をみると、自己啓発書、教養書が上位に集中している。新年度に備えて、自分磨きに勤しんでいる人が多いためだろう。

次ページ1〜50位は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?