「ビジネス書」最新ベストセラーランキング

新年度向け?ビジネス・自己啓発書が好調

2017年度最後のアマゾン「ビジネス・経済書」ランキングをお届けします(画像:さわだ ゆたか / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月25日~31日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

「入社1年目」が2冊トップ10入り

1位となったのは、昨年4月発売の『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)だ。アマゾンによると「1人で30~50冊の購入が数日続けてあった」とのこと。新年度の研修需要だろうか。

2位は、日本の中高校生の多くが中学校の教科書の文章を正確に理解できず、AIに代替されてしまうと警鐘を鳴らす『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著、東洋経済新報社)。4月1日にはTBSテレビ系「林先生が驚く初耳学!」で取り上げられたため、今後ますます注目を集めそうだ。

8位には『入社1年目の教科書』(岩瀬大輔著、ダイヤモンド社)が、9位には『入社1年目ビジネスマナーの教科書』(金森たかこ著、プレジデント社)がランクイン。新社会人の期待と不安を表したランキングとなった。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT