売れているビジネス・経済書200冊ランキング

3月11〜17日にアマゾンで売れた本は?

3月中盤に売れたビジネス・経済書は?(画像:ふじよ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月11日~17日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、『会社四季報 2018年2集春号』(東洋経済新報社)が初登場で1位に輝いた。本誌の刊行は年4回。3月刊行の「春号」は、全上場企業の7割を占める3月期決算企業における今期の業績予想に加え、来期についても先取り予想している。

【3月20日12時00分追記】今週のランキングでは雑誌の会社四季報シリーズが含まれておりますが、本来は書籍を対象としたランキングです。次回以降は雑誌を除外してランキングを作成します。

前週523位から15位にランクアップしたのが、『3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方』(小西美穂著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)だ。3月12日に日経ウーマンオンラインの記事が公開され、注目が集まった模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の読書の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。