怪しい投資話に騙される人に教えたい超基本

利回り・元本保証って信じていいんですか

甘い話はそうそうありません(写真:AH86)
いつの世も絶えない投資トラブル。なぜ、引っかかる人が後を絶たないのか。「怪しい投資話を疑わない人が知らない大原則」(3月27日配信)、「家賃保証を疑わない人が嵌る不動産投資の罠」(3月28日配信)に続いて、短期集中連載の第3回は、株や事業へ投資するリスクに迫る。

昨年12月、健康機器を販売していたジャパンライフ(本社・東京都千代田区)が事実上倒産(銀行取引停止)と報じられた。その後も事業継続の意思を表明していたが3月1日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約2400億円だという。

預託商法(よたくしょうほう)、あるいはオーナー商法ともよばれるが、ジャパンライフは健康機器を販売しそれをレンタルすれば利益を得られるという名目で、高齢者に1人当たり数千万円の資金を出させていたケースもあったと言う。

「お得な投資」は回ってこない

資産運用の代表選手と言えば株式投資だが、一般的には上場企業への投資を指す。ただ、中には上場していない企業への投資もある。「未公開株」とよばれるものもあれば、事業への投資で●%の利回りが得られるといった場合もある。ジャパンライフの預託商法・オーナー商法も事業への出資に該当する。

未公開株は安値で手に入れて上場によって株価が何倍にもなるというストーリーが語られる。事業への投資でも通常では考えられないほど水準の高い配当が提示され、場合によっては元本保証まで約束される。手短かに警告すれば「そんな美味しい話がなぜ存在しているのか? なぜその人に回ってくるのか?」ということになる。

ありがちな説教のような話になってしまうが、実際に投資事業で利益を出し、「美味しい投資話」が回ってくる立場だったというサイバーエージェント・藤田晋社長のインタビューを読んでもらえれば理解してもらえるだろう。東洋経済オンラインが2015年4月2日に配信した記事(「ベンチャーブームに浮かれる面々にモノ申す」) から引用する。

次ページ投資先はどう探すのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。