ラーメン屋vs.マクドナルド エコノミストが読み解く日米の深層 竹中正治著

ラーメン屋vs.マクドナルド エコノミストが読み解く日米の深層 竹中正治著

日本の食文化では味を追求する「ラーメン屋」を称える。こだわりを賛美する社会が、アニメやゲーム、漫画などで職人肌のクリエーターに活躍の場を提供し、独創的文化を育てた。一方でアメリカ人は食へのこだわりがなく、均一の味の「マクドナルド」で満足する。しかし、ビジネス力が優れるために、世界を席巻してしまう。

日米の社会をデータと経験を駆使して分析したエコノミストによる比較文化論。「大統領は希望を語り、首相は危機に悩む」「アメリカ人は討論を好み、日本人はブログを書く」など、その違いは多い。他者との比較によって日本の長所短所を見つめることが、よって立つ「軸足」の再構築につながると訴える。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT