ラーメン屋vs.マクドナルド エコノミストが読み解く日米の深層 竹中正治著

ラーメン屋vs.マクドナルド エコノミストが読み解く日米の深層 竹中正治著

日本の食文化では味を追求する「ラーメン屋」を称える。こだわりを賛美する社会が、アニメやゲーム、漫画などで職人肌のクリエーターに活躍の場を提供し、独創的文化を育てた。一方でアメリカ人は食へのこだわりがなく、均一の味の「マクドナルド」で満足する。しかし、ビジネス力が優れるために、世界を席巻してしまう。

日米の社会をデータと経験を駆使して分析したエコノミストによる比較文化論。「大統領は希望を語り、首相は危機に悩む」「アメリカ人は討論を好み、日本人はブログを書く」など、その違いは多い。他者との比較によって日本の長所短所を見つめることが、よって立つ「軸足」の再構築につながると訴える。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。