飢餓国家ニッポン 食料自給率40%で生き残れるのか 柴田明夫著

飢餓国家ニッポン 食料自給率40%で生き残れるのか 柴田明夫著

2007年以降、世界の食料需給は逼迫傾向が強まり、コーンや小麦などの一部の穀物では、価格が一時2~3倍に奔騰した。これは投機資金によるバブルという理由だけではない。発展途上国の食生活が豊かになり、水と耕地が世界全体で不足した受給構造の変化が背景にある。この価格上昇は一時的ではなく、今後「食料危機は深刻になる」。

日本の食料自給率は4割しかなく、輸入が途絶えれば7000万人が飢えかねない。減反政策の見直しや新規参入などの政策転換で、自給率の引き上げが必要で、「近未来に飢えないため、食料の増産を日本は国策として行うべきだ」。商社エコノミストが、危機意識の薄い日本政府と世論に警鐘を鳴らす。

角川SSC新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。