手塚治虫 竹内オサム著

手塚治虫 竹内オサム著

11月に生誕80年を迎える(ちなみにミッキー・マウスと「同年」)故手塚治虫の評伝。同氏の作品は『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』などマンガ15万余ページ、アニメ多数にのぼる。特に団塊の世代は、一世を風靡した少年時代に読みふけった向きも少なくない。

著者は、手塚が60歳で他界してのちの「神格化」あるいは逆の「革新性否定」を、ともに似つかわしくない虚像化ととらえる。「妥協する天才」こそ実像だとして、その真の姿を少年時代にまでさかのぼり、細部に至るまでリアルに描く。

そして後半生を、物語作りの才能は抜群だったが、作品を生み出す苦悩は並大抵ではなく、読者から絶大な支持を受けたのは1950年代半ばまでと、鉄腕アトムのアニメ放映の時期に限られると判定する。マンガを「芸術」に昇華させようと努めた分、大衆受けする要素が少なかったのかもしれないと結論づける。

ミネルヴァ書房 2520円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。