手塚治虫 竹内オサム著

手塚治虫 竹内オサム著

11月に生誕80年を迎える(ちなみにミッキー・マウスと「同年」)故手塚治虫の評伝。同氏の作品は『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』などマンガ15万余ページ、アニメ多数にのぼる。特に団塊の世代は、一世を風靡した少年時代に読みふけった向きも少なくない。

著者は、手塚が60歳で他界してのちの「神格化」あるいは逆の「革新性否定」を、ともに似つかわしくない虚像化ととらえる。「妥協する天才」こそ実像だとして、その真の姿を少年時代にまでさかのぼり、細部に至るまでリアルに描く。

そして後半生を、物語作りの才能は抜群だったが、作品を生み出す苦悩は並大抵ではなく、読者から絶大な支持を受けたのは1950年代半ばまでと、鉄腕アトムのアニメ放映の時期に限られると判定する。マンガを「芸術」に昇華させようと努めた分、大衆受けする要素が少なかったのかもしれないと結論づける。

ミネルヴァ書房 2520円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。