手塚治虫 竹内オサム著

手塚治虫 竹内オサム著

11月に生誕80年を迎える(ちなみにミッキー・マウスと「同年」)故手塚治虫の評伝。同氏の作品は『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』などマンガ15万余ページ、アニメ多数にのぼる。特に団塊の世代は、一世を風靡した少年時代に読みふけった向きも少なくない。

著者は、手塚が60歳で他界してのちの「神格化」あるいは逆の「革新性否定」を、ともに似つかわしくない虚像化ととらえる。「妥協する天才」こそ実像だとして、その真の姿を少年時代にまでさかのぼり、細部に至るまでリアルに描く。

そして後半生を、物語作りの才能は抜群だったが、作品を生み出す苦悩は並大抵ではなく、読者から絶大な支持を受けたのは1950年代半ばまでと、鉄腕アトムのアニメ放映の時期に限られると判定する。マンガを「芸術」に昇華させようと努めた分、大衆受けする要素が少なかったのかもしれないと結論づける。

ミネルヴァ書房 2520円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT