総力分析!「VR・AR」は世界をどう変えるか?

野村総研が予測する「今からの5年間」

5年程度先までのITの将来動向は?(写真:alvarez / iStock)
5G(第5世代移動通信システム)は、2017年末に標準仕様が策定されたことで、今後、商用化に向けた動きが加速していく。VR(仮想現実)、AR(拡張現実)は5Gの有望なアプリケーションの1つであり、特に2020年は東京オリンピック・パラリンピックで臨場感あふれるスポーツ観戦が可能になると予想される。
特定の重要技術や複合的な新サービスそれぞれについて、5年先までの進化を予想する『ITロードマップ 2018年版 情報通信技術は5年後こう変わる!』を上梓した気鋭のITアナリストが、5Gで広がるVR・ARのサービス進化とそれらがもたらす近未来の世界を展望する。

さまざまな用途に活用され始めたVR

自動車や不動産などの高額商品の販売現場で、VRの活用が進んでいる。

『ITロードマップ 2018年版』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

VRを利用すれば、見込み客の求めるカラーやオプションを、限りなく実車に近いCGで体験してもらえる。不動産業界でも、“バーチャル内覧”がすでに行われており、家具やインテリアの配置変更、マンションの高層階と中・低層階の眺望の違い、朝・晩での日照の変化など、条件を変更した場合の状況を疑似体験できる。

このような疑似体験はさまざまな業務に応用できる。

企業の採用活動では、就職後の「こんなはずではなかった」という後悔を避けたい就活生と、「会社のリアルな様子を見てほしい」という採用担当者のニーズを満たすツールとして、採用にVRの活用を検討するケースが出てきている。

たとえば、楽天は「VRによるオフィスツアー」を実施している。360度動画を用いて、オフィス設計に対する同社独自のこだわりや、社員が働いている姿を就活生にリアルに見せて、実際に自分が働いているイメージを描いてもらおうという狙いがある。

また、セコムはVRを活用した研修プログラムの導入を2017年11月に発表している。具体的には、「煙が充満する中での避難誘導」「避難器具の体験シミュレーション」といった「危険が含まれ、座学よりも体験に価値がある」訓練プログラムが用意され、社員はVRヘッドセットを装着し、ディスプレイに表示される全周囲の映像を見ながら、その状況における的確な対応を疑似的に体験し、学習する。

次ページeコマースでは
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?