総力分析!「VR・AR」は世界をどう変えるか?

野村総研が予測する「今からの5年間」

2022年度以降:VR・ARの融合と、MR(Mixed Reality:複合現実)の実現 

5Gの商用サービスによってコンテンツの高速伝送が実現すると、360度の高解像度映像のストリーミングが可能になる。VRを用いた放送が実現する可能性もあり、メディアの視聴スタイルは大きく変わるだろう。また、画像認識技術の性能向上によって、VRとARの境界は次第にあいまいになっていく。

そして、リアリティのより高い仮想のイメージと、現実世界とが深く結び付くことによって、リアルとバーチャルが融合する「MR(Mixed Reality)」と呼ばれる技術へと収斂していく。

MRの具体的なデバイスとしては、マイクロソフトの「HoloLens(ホロレンズ)」が有名である。HoloLensは、現在のところ、開発者向けが33万3800円、法人向けが55万5800円と価格はまだ高いが、このころには価格も下がっていると予想される。

AR・VRの5年後の利用イメージ

現在、われわれの身のまわりの機器、たとえば、エアコン、電子レンジ、自動車などには、それぞれ取扱説明書がある。使い方がわからなかったり、故障したりした場合には、それを見たり、ネットで検索したりしなければならない。

しかし、ARが当たり前になれば、スマートフォンのディスプレイに機器の画像と故障診断の情報が重なって表示され、説明書を見たり、ネットで検索したりする手間もなくなるだろう。

すでに一部の工場においては、ARによって保守作業などの生産性を向上させようという実験が始まっている。現在、紙のマニュアルを参照しながら行っているような作業は、早晩、ARに代替されるようになっていくだろう。そして、このときのデバイスもスマートフォンではなく、AR機能を実装した「ARグラス」のようなメガネ型に変わっていくと予想される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT