野党6党、財務省が提出した決裁文書に猛反発

森友関連で国会が紛糾

 3月8日、国と学校法人「森友学園」との国有地取引を巡り、財務省の決裁文書の書き換え疑惑が浮上している問題で、立憲民主党など野党6党は、財務省が提出した決裁文書の写しは、受け入れることができないとの見解で一致した。写真は豊中市で昨年4月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 8日 ロイター] - 国と学校法人「森友学園」との国有地取引を巡り、財務省の決裁文書の書き換え疑惑が浮上している問題で、立憲民主党など野党6党は、財務省が8日に提出した決裁文書の写しは、受け入れることができないとの見解で一致した。今のままでは、国会審議に応じることができないとし「最低限、別の文書の存在を明らかにすることが、国会審議に応じる条件」(立憲民主党・福山哲郎幹事長)との立場を打ち出している。

ただ、与党と一部野党は参院予算委に出席し、欠席野党の質疑時間中は休憩しながら、断続的に審議を続行した。

同日午後の衆院本会議は、野党側の合意が得られず流会となった。

野党6党のうち、共産党の小池晃書記局長は国会内で「安倍晋三政権は情報の捏造(ねつぞう)を続けてきたが、今回は次元が異なる。公文書改ざんを容認していては、国会審議が成り立たなくなる」「内閣総辞職に値する問題」と主張した。

(竹本能文)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT