事故物件サイトを作った男の譲れない使命感

「大島てる」は訴えられても脅されても続ける

「2005年9月、27歳の時にサイトを開設しました。最初は事故物件の住所が羅列してあるだけの単純なサイトでした。

翌2006年に、東京23区の事故物件を地図にプロットしてみました。炎が並んでいるのを見て『おお、これはすごい!!』と興奮したのを覚えています。それが現在のサイトの原型です」

「大島てる」初期サイトの画面はかなりシンプルだった

その頃はまだサイトを見ている人はほとんどいなかった。広告も貼っていないから、おカネも儲からない。とにかく出費だけがかさみ、手間がかかった。

もう一度やれと言われたら嫌

ある寒い冬の夜、死者が出た横浜の火事現場を探すためにひとり自動車で出掛けた。しかしなかなか現場が見つからない。

事故物件イメージ(筆者撮影)

火事場の焦げくさいにおいで場所を探ろうとして、くんくんと鼻を鳴らしている時、

「何をやってるんだろう……」

と思った。

サイトをやっていても、誰にも褒められず、誰にも怒られない。むなしかった。

「本当にキツかったですね。もう一度やれと言われたら嫌です。当時は『これは仕事だ』と言い訳のように言っていましたが、実際には1円も稼げていませんでしたし……。

でも『大学院をやめたところじゃないか。もしこのサイトまで投げ出したら、今後何をしたってモノにならないぞ』と自分に言い聞かせました」

次ページアクセスが集中し、サイトのサーバーがダウン
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。