復帰戦で圧巻演技の羽生、FPは13時43分〜

ファンはぬいぐるみの雨で歓迎

 2月16日、平昌冬季五輪、フィギュアスケート男子SPでは羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵(韓国) 16日 ロイター] - 平昌冬季五輪は16日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)を行い、負傷以来初の実戦となった羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた。

羽生が出場する大会では、同選手が演技を終える度に「くまのプーさん」のぬいぐるみが投げ込まれるのが恒例となっている。

今週競技を前に行われた会見で羽生は、投げ込みがいつから始まったのか分からないが、リンクサイドに持ち込むティッシュペーパーの箱にキャラクター付きのカバーをつけていたことと、子どもの頃に同じキャラクターの帽子をかぶっていたことから始まったのだと思うとコメントしていた。

五輪ではスポンサー規則によりティッシュにキャラクター付きのカバーはつけられない。羽生はSP終了後に行われた会見で、外から見えない場所にステッカーを貼っていたと告白。投げ込まれたぬいぐるみは開催地の地元に寄付する予定であることも明かした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。