復帰戦で圧巻演技の羽生、FPは13時43分〜

ファンはぬいぐるみの雨で歓迎

 2月16日、平昌冬季五輪、フィギュアスケート男子SPでは羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵(韓国) 16日 ロイター] - 平昌冬季五輪は16日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)を行い、負傷以来初の実戦となった羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた。

羽生が出場する大会では、同選手が演技を終える度に「くまのプーさん」のぬいぐるみが投げ込まれるのが恒例となっている。

今週競技を前に行われた会見で羽生は、投げ込みがいつから始まったのか分からないが、リンクサイドに持ち込むティッシュペーパーの箱にキャラクター付きのカバーをつけていたことと、子どもの頃に同じキャラクターの帽子をかぶっていたことから始まったのだと思うとコメントしていた。

五輪ではスポンサー規則によりティッシュにキャラクター付きのカバーはつけられない。羽生はSP終了後に行われた会見で、外から見えない場所にステッカーを貼っていたと告白。投げ込まれたぬいぐるみは開催地の地元に寄付する予定であることも明かした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT