復帰戦で圧巻演技の羽生、FPは13時43分〜

ファンはぬいぐるみの雨で歓迎

 2月16日、平昌冬季五輪、フィギュアスケート男子SPでは羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵(韓国) 16日 ロイター] - 平昌冬季五輪は16日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)を行い、負傷以来初の実戦となった羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた。

羽生が出場する大会では、同選手が演技を終える度に「くまのプーさん」のぬいぐるみが投げ込まれるのが恒例となっている。

今週競技を前に行われた会見で羽生は、投げ込みがいつから始まったのか分からないが、リンクサイドに持ち込むティッシュペーパーの箱にキャラクター付きのカバーをつけていたことと、子どもの頃に同じキャラクターの帽子をかぶっていたことから始まったのだと思うとコメントしていた。

五輪ではスポンサー規則によりティッシュにキャラクター付きのカバーはつけられない。羽生はSP終了後に行われた会見で、外から見えない場所にステッカーを貼っていたと告白。投げ込まれたぬいぐるみは開催地の地元に寄付する予定であることも明かした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。