復帰戦で圧巻演技の羽生、FPは13時43分〜

ファンはぬいぐるみの雨で歓迎

 2月16日、平昌冬季五輪、フィギュアスケート男子SPでは羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵(韓国) 16日 ロイター] - 平昌冬季五輪は16日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)を行い、負傷以来初の実戦となった羽生結弦が圧巻の演技で観客を魅了。演技終了後には復帰を待ちわびていたファンがリンクにぬいぐるみの雨を降らせた。

羽生が出場する大会では、同選手が演技を終える度に「くまのプーさん」のぬいぐるみが投げ込まれるのが恒例となっている。

今週競技を前に行われた会見で羽生は、投げ込みがいつから始まったのか分からないが、リンクサイドに持ち込むティッシュペーパーの箱にキャラクター付きのカバーをつけていたことと、子どもの頃に同じキャラクターの帽子をかぶっていたことから始まったのだと思うとコメントしていた。

五輪ではスポンサー規則によりティッシュにキャラクター付きのカバーはつけられない。羽生はSP終了後に行われた会見で、外から見えない場所にステッカーを貼っていたと告白。投げ込まれたぬいぐるみは開催地の地元に寄付する予定であることも明かした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。