玄関の鍵が「子どもの見守り」になる仕掛け

ソニー子会社が手がける新サービスとは?

自分のスマホが鍵の代わりになる(写真:キュリオ)

ネットワークサービスを通じて部屋や建物へのアクセス管理を提供する製品・サービスにはフォトシンスの「アケルン」、ライナフの「ニンジャロック」などがあるが、アケルンはオフィスの施設管理、ニンジャロックは不動産管理ニーズやオフィス施設管理を主な市場ターゲットとしている。

キュリオも企業向けソリューションサービスを提供しているが、強みは一般コンシューマに向けでの圧倒的なシェアだ。これはソニーが100%子会社とし、IoT時代の新しい商品ジャンル開拓のために支配下に置くようになったこととも無関係ではない。

アケルンが3万8800円(税別)、ニンジャロックが4万8000円(税別)という中、1万7200円(アマゾン、税込み)という価格を実現できたのは、ソニーとの協業によってコンシューマ向け認知を素早く高められたことに加え、ソニーの持つハードウエア生産やセキュアネットワーク技術をそのまま活用できたことが大きかったという。その結果、一般コンシューマがスマートロックに何を求めるのかという、それまでに実証されていなかった情報を得たことで、その後の商品・サービスの企画へとつながった。

オプション利用で「アレクサ」とも連携

スマートロックは、スマートフォンで鍵の開け閉めなどができるものだが、スマートロック側にはスマートフォンによる開け閉めだけでなく、“物理的な鍵”で開け閉めした際にも履歴が残る。

キュリオハブの使用例(写真:キュリオ)

しかし、スマートロックそのものにはインターネットに接続する能力がない。Bluetooth Low Energy(BLE)を搭載しているが、スマートフォンからの直接の操作を行う機能しかもたない。その可能性を広げるためのオプション製品がキュリオハブだ。価格は8560円(税込み)で、スマートロック本体とセット購入してもライバルより安い。

このハブは無線LANでインターネットとつながり、スマートロックとインターネットの通信を仲介する役割を担っている。たとえばアマゾン「アレクサ」と連動し、音声制御で鍵を閉めることもできる。

スマートロックとキュリオハブを組み合わせることで、スマートロックは常時インターネットに接続される。スマートフォンから遠隔操作で自宅の鍵を制御できるのはもちろん、物理的な鍵の開け閉めが発生した際、スマートフォンにその時刻を通知させる機能が実現できるようになる。

次ページ「見守り機能」として活用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。