「日の丸ジェット」MRJ、業界再編で増す不安

パワー部門も逆風下の三菱重工に新たな試練

今春で就任6年目に入る三菱重工業の宮永俊一社長。2016年11月にはMRJ事業を社長直轄の体制に移行するなど、日の丸ジェットに心血を注ぐ(撮影:今井康一)

7年の後ろ倒しにもかかわらず、これまでMRJは427機(正式契約のみ)と少なくない受注数を維持してきた。米メーカー製の最新鋭エンジンの搭載が評価されてきたためだが、1月下旬、米イースタン航空の発注した40機がキャンセルされた。キャンセルはこれが初めてだ。

競合となるブラジルの小型旅客機大手・エンブラエルも目下同じエンジンを積んだ新型機を開発しており、これまでの遅延で、時間的な優位性はほぼ消えてしまった。次は残る受注をどう維持できるかが焦点となる。

顧客でもあるボーイングと競合する可能性も

そんな中、MRJにとって致命傷となりかねない業界再編の議論が浮上。米ボーイングとエンブラエルとの提携交渉だ。ボーイングは両社の商用機部門統合を視野に入れているとされる。

当記事は「週刊東洋経済」2月17日号 <2月13日発売>からの転載記事です

統合にはブラジル政府の承認が必要だが、仮に提携が成立すればMRJは最大手のボーイングと正面衝突することになりかねない。胴体などボーイング向けの部品供給は三菱重工の航空部門の柱であり、この点からも抜本的な戦略の見直しを迫られることになる。

宮永社長は今春で就任6年目に入る。「この事態を乗り切るメドがついたら、若返りを進めたい」とする。就任以来最大の正念場でどんな舵取りを見せるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。