消費増税の決定間際に確認したTANKAN

大企業の業況判断はリーマンショック後で最高の水準に


 統計の王様といえるのは、アンケート調査からも裏付けられる。少し古くなるが、日本経団連が04年に会員企業と主要な会員シンクタンク234社を対象に、景気関連統計72本の利用状況をアンケート実施。利用頻度の高い統計として1位は日銀短観の業況判断、2位は四半期別GDP速報(内閣府)、3位は消費者物価指数(総務省)だった。

豊富なデータはビジネスパーソンも必見?

また、総合研究開発機構が08年にエコノミスト34名に経済統計の評価を調査したところ、短期的な景気変動や景気動向を把握するための統計として、もっとも評価が高かったのが、日銀短観と鉱工業生産・出荷・在庫指数(経済産業省)の二つ。また、長期的な経済トレンドを把握する統計として、鉱工業生産・出荷・在庫指数に次いで評価が高かったのが日銀短観、貿易統計、消費者物価指数の3つだった。

日銀の金融政策運営上、短観の動向は重要だ。

日銀短観の調査対象企業数は全国合計で1万社を超し、その回答率も高い(9月調査の回答率は99.3%)。9月調査の場合、回答期間は8月27日から9月30日まで。それを10月1日に発表するだけに、速報性の高さも特徴のひとつだ(今回の回答基準日は9月10日に設定しており、全体の7割弱がこの日までに回答している)。

 数ある調査項目の中でもっとも注目度が高いのは業況判断だが、経済動向を問う「判断項目」のほかにも、売上高や経常利益、設備投資計画など計数項目の調査も豊富だ。一連の項目は業種別でデータがあるだけに、「ビジネスパーソンであれば、自分が属している業界や関連業種の数字を定期的にウォッチするだけも、十分に利用価値があるのでは」(みずほ証券の上野氏)という。

次ページさらに短観を詳細に読むなら…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT