「自分にしかできない仕事」を確立する心得

はあちゅう×田中里奈「実験し続けたい」

はあちゅう:私は「代表作がほしい」とか「作家としての認知がほしい」とか、ゴールを決めて進んでいくタイプだから、里奈さんとは逆かもしれません。この違いって面白いですよね。ただ、心をかろやかに持てるのが羨ましいな、と里奈さんと話してて思うことがあります。

田中 里奈(たなか りな)/モデル。1987年広島県生まれ。東京学芸大学在学中から読者モデルとして活躍。青文字系ファッション誌を中心に活躍中のモデル。コーディネートセンス、ヘアスタイルは原宿系のトレンドに敏感な若者たちからカリスマ的な人気を誇る。近年は雑誌のモデルの枠を飛び越えファッションイベントや、企業ブランドのデザインに参加するなど、さまざまなステージで活躍している

里奈:もちろん目標はあるんですが、「私はこうなるんだ!」というみたいにガチガチに決めるのは、私の場合執着に結び付いちゃうので、あえて決めずにいて、可能性を広げるようにしています。人生何があるかわからないし。はあちゅうさんみたいに決めて進むのがいいのか、私みたいに決めないでいるのがいいのか、みんなそれぞれ自分に合うスタイルを見つけてほしい。

ただ、これだけは言っておきたいのが、自分がしてきた経験や努力はどんな道を選択しようと、必ず自分の背中を押してくれるということです。積み重ねてきたことが、今の自分にしかできないことを作り上げている。はあちゅうさんが作家として活動するなかで、紙だけじゃなくネットもフル活用してる点だってそうじゃないでしょうか。

はあちゅう:確かに、紙とブログやnote、SNS、動画などのネット、とハイブリッドにやってきたから、本をコンスタントに出し続けてこられたのかもしれません。自分が長く続けてきたことや経験を活かすと、自分にしかできない仕事につながりやすいと思います。

生きながら「実験」を続けている

里奈:経験はすごく大きな財産です。はあちゅうさんの本に、「〆切のない仕事」の話が出てきて、すごく興味深く読みました。私自身は〆切のない仕事をするぞ、と意識的に動いているわけじゃないけど、いろいろな経験をしようと思って日々過ごしてることが、〆切のない仕事に近いかも、って思いました。経験を増やしていけば、そのぶん一つひとつの仕事の厚みが増すし、そういう仕事をしていきたい。だから、今の自分に必要な経験だと思えば、丸1日かけるのも厭わない。

『「自分」を仕事にする生き方』(幻冬舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

はあちゅう:素敵な姿勢ですねぇ。最近の私がしている〆切のない仕事は、SHOWROOMでの生配信や小説の執筆でしょうか。誰かから「生配信してください」と頼まれてるわけではないけど、やりながら何かにつながるかなという思いで実験している真っ最中です。小説も「書いてください」と言われているわけでもないですが、自分が書いた小説を自分でも読みたいし、もちろん読者にも届けたい。そんな理想の自分になりたくて書き続けています。このふたつはしばらく続けていくつもりです。

里奈:今「実験」って言葉が出てきましたけど、はあちゅうさんも私もずっと実験しながら生きていると思います。私は、楽しいことだけ選んでいくと、どういう人生になるか実験していますし、今後もその実験は続けていきたい。

はあちゅう:私も「生きることが仕事になる」ことを、自分の人生を通じて実験し続けたいし、その過程を本などのコンテンツとして発表できたらな、と思っています。

(構成:池田園子、撮影:菊岡俊子)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT