バレンタイン、男が感じる500円チョコの価値

義理ならどの価格で落ち着かせるのが妥当?

好感度の上がる価格帯やプレゼントとは?(写真:kyoshino/iStock)

2月に入り、今年もバレンタインデーが近づいてきた。2月14日。「愛の贈り物」という名目で女性から男性にチョコレートなどを渡す日だ。百貨店やスーパー、コンビニなどの店頭に設けられた専用コーナーが目につく。チョコレートやスイーツの関連業者にとっては1年に1度の書き入れ時でもある。

バレンタインデーには好きな男性に贈る、いわゆる「本命チョコ」だけではなく、日頃の付き合いから渡す「義理チョコ」も多数飛び交う。パートナーや職場の同僚・上司などにどんなものをあげるといいか、予算や贈り物選びに気をもんでいる女性も少なくないだろう。

予算をかけて高価なチョコレートをあげれば、男性は喜ぶのか。逆に安いチョコレートだとどんな反応になるのか――。クラウドシステムとAI(人工知能)を使った感情分析を手掛けるEmotion Tech(本社:東京都千代田区)は今回、東洋経済オンラインと協力してバレンタインデーに関する男性の意識調査を実施した。

調査は東洋経済オンラインのメールマガジン会員の男性読者を対象に今年1月10~22日にかけて実施。チョコレートの価格と満足度の相関性や年代ごとの満足度など、バレンタインデーに女性からもらうチョコレートにまつわる「男性の本音」を調べるのが目的で、計1767人から回答を得た。

バレンタインチョコの価格と満足度に相関性は?

まず、バレンタインに男性が女性からもらったチョコレートの価格帯と満足度の相関性を紹介しよう。

チョコレートの価格を「100円未満」「100円~500円未満」「500円~1000円未満」「1000円~2000円未満」「2000円~5000円未満」「5000円以上」の6段階に分け、それぞれ10点満点で満足度を割り出した。

次ページ価格が高ければ高いほど
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。