ドイツ史上最悪の殺人犯「ニールズ・H」の悪行

元看護師の男に新たに97件の患者殺害容疑

 1月22日、ドイツ検察当局は、2人の患者を致死性のある物質の注射で殺害し終身刑に服している元看護師の男を、新たに97件の殺害容疑で訴追した。有罪が確定すれば、ドイツ史上最悪の連続殺人犯となる。写真は2014年12月オルデンブルクの裁判所で撮影(2018年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツ検察当局は22日、2人の患者を致死性のある物質の注射で殺害し終身刑に服している元看護師の男を、新たに97件の殺害容疑で訴追した。有罪が確定すれば、ドイツ史上最悪の連続殺人犯となる。

男は規則により「ニールズ・H」とだけ明かされており、ドイツ北部の2ヶ所の診療所で患者に致死性のある薬物を注射したうえで救命活動を行い、英雄を演じようとしたと自供している。

ドイツ北部オルデンブルクの検察当局は、捜査と毒物鑑定の結果、男が市内の診療所で35人に、デルメンホルストの診療所で62人に、致死性のある薬物を投与したことが明らかになったと説明。男はこの薬物が不整脈や心室細動、低血圧などを誘発する可能性があることを認識していたと指摘した。

検察は「検察的視点から、ニールズ・Hは少なくとも態度により、すべての案件において患者が自分の投与した薬物の作用で死亡したことを認めている」との声明を発表した。

ドイツでは10年前にも、看護師の男が「気の毒だった」として高齢の患者28人を注射で殺害。また英国では、「死の医師」との異名を持つハロルド・シップマン元受刑者が、主に中高年女性の患者250人を殺害したとされる事件が発生した。シップマン元受刑者は2000年に終身刑15回の判決を受け、2004年に自殺したとみられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT