アドテクの「ジーニー」が描く世界戦略の中身

工藤智昭社長にロングインタビュー

昨年12月18日に東証マザーズに上場したジーニー(写真:ジーニー)

「日本発の世界的なテクノロジー企業をつくる」という想いのもと創業された株式会社ジーニー。日常生活の中で、パソコンやスマートフォンの広告に触れる機会は頻繁にある一方、そうした広告を下支えする技術や、SSP・DSPといったネット広告特有の業態には、馴染みが薄い面もあることでしょう。

今回は「技術開発力」と「事業推進力」にこだわってアドテクノロジーの展開に取り組まれているジーニーの工藤智昭社長に、経営に対する考えや世界展開に向けての戦略に関するお話を伺います。

当記事はシニフィアンスタイル(Signifiant Style)の提供記事です

2010年4月創業のジーニーは、最先端のアドテクノロジーで顧客の収益を最大化する企業。SSP/DSP/DMPを同時にOEM提供できる世界で2社のうちの1社。主力事業であるGenieeSSPは国内トップクラスの規模を誇る。2016年7月、MAJIN(マジン)の提供を開始し、マーケティングオートメーション事業を推進。海外展開にも積極的でアジアNo.1を目指す(事業の詳細については、「成長性に関する説明資料」を参照)。

アドテクで世界を変える

村上誠典(シニフィアン共同代表。以下、村上):まずはどのような経緯で起業に至ったのか、聞かせていただけますか?

工藤智昭(ジーニー社長。以下、工藤):実は学生時代にも起業していました。自分でプログラムを書いてビジネスを作ろうと思っていたんです。一方で研究もすごく楽しくて、学術レベルの技術的に難しいことをビジネスに繋げられたら世界を変えられるだろうとも考えていました。ただ、その時点では世界を変えるような会社を作れるイメージが持てなかったので、一度どこかで勉強しようと考えて、リクルートに入りました。

村上:その後、もう一度起業された2010年は、日本でもアドテクが盛り上がりつつあるタイミングでしたね。どうして再び起業しようと思われたのですか?

次ページこの技術が広告業界や世界を変えるかもしれない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。