トランプ氏の健康診断、「精神面に問題なし」

認知力の検査をクリア

 1月16日、トランプ米大統領の主治医が、就任後初の健康診断の結果について公表し、認知力の検査をクリアしたほか、全体的な健康状態も良好だと明らかにした。会見する主治医で米海軍医師のロニー・ジャクソン氏。ハワイトハウスで撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領の主治医が16日、就任後初の健康診断の結果について公表し、認知力の検査をクリアしたほか、全体的な健康状態も良好だと明らかにした。ただ、食生活の改善や運動を通じて体重を最大で15ポンド(6.8キロ)減らす必要があるとした。

認知力検査はトランプ氏が追加で行うよう求め、その結果を公表することも承認。また、主治医で米海軍医師のロニー・ジャクソン氏に、会見を開いて記者の質問に答えるよう指示した。

71歳のトランプ氏は、フライドチキンやハンバーガーなど高脂肪の食事を好むことで知られ、日々の運動はゴルフ以外にしないという。

また、このほど出版された政権の暴露本「炎と怒り」では、トランプ氏が子どもっぽく気まぐれだとされ、大統領としての精神的な適正に問題があるとの見方が強まっていた。

認知力テストは認知症やアルツハイマー病、脳疾患の兆候を調べるもので、ジャクソン氏はトランプ氏のテスト結果は満点だったと明かした上で「精神的に非常にシャープで、全く問題はない」との見解を示した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?