仕事のやり直しが多い人は「トヨタ式」に学べ

始める前の準備に時間と手間をかけよう

まずしっかりと聞くことさえできれば、その先は先輩たちに聞くなり、教えてもらうなり、助けてもらうことができますが、もししっかりと聞いていなければ、せっかくの仕事が「こんなもの頼んでいないよ」とやり直しになったり、先輩が代わりに確認に行ったりするほかはないのです。

スタート前の準備には時間をかけるのがトヨタ式

上司や顧客から仕事を依頼されたとき、守るべきは「納得していないのに『わかりました』と言わない」ことです。何をやるべきかが具体的にわかっていないのに「わかりました」と言うことはミスを招き、やり直しを招く、上司にとっても本人にとっても最も不幸なことなのです。大切なのは最初の段階でしっかりと考え、十分な準備を行ってからスタートすることです。

たとえば、ある目的のために改善を行う場合、「とにかく急がなければ」と思いついた改善をすぐに行った場合、何が起きるでしょうか。

『トヨタだけが知っている早く帰れる働き方』(文響社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

トヨタ式では改善に先立って、できるだけたくさんの改善策を考え、それぞれを十分に比較検討を行ったうえで最善のものを選択します。いずれも時間のかかるものであり、それよりも思いついたらすぐにやるほうが効率的に思えますが、あとになって「あれよりももっといい改善策があった」となれば、コストの面でも時間の面でもムダをしたことになり、場合によっては「やり直し」をすることになります。

トヨタ式はムダを嫌いますが、スタート前の準備にはしっかりと時間をかけて、たくさんの改善策を考え、しっかりと比較検討を行い、上司や働いている人、前後の工程の人たちへの「理解」と「納得」を得てから実行に移ります。少し時間はかかったとしても、あとになって「失敗した、やり直さなきゃ」となるよりははるかに効率がいいのです。

仕事の指示を受けたときは自分自身がしっかりと理解して納得することが大切なのです。この段階での「よくわからないけれど、とりあえずやってみるか」は、「やり直し」覚悟の無謀なやり方としか言いようがありません。十分な理解と、しっかりとした準備こそが「やり直し」を排除するための大前提なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。