仏女優ドヌーブさん、セクハラ被害者に謝罪

告発運動を批判する姿勢は変えず

1月15日、フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブ(74)さんは、仏紙ルモンドに連名で寄稿したコラムでセクハラ告発運動の行き過ぎを批判したことで、セクハラ被害者が攻撃されたと感じたなら謝罪すると表明した。写真は昨年5月撮影(2018年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[パリ 15日 ロイター] - フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)は、仏紙ルモンドに連名で寄稿したコラムでセクハラ告発運動の行き過ぎを批判したことで、セクハラ被害者が攻撃されたと感じたなら謝罪すると表明した。

リベラシオン紙に15日に掲載された書簡で、ドヌーブさんは「ルモンドのコラムによって攻撃されたと感じたかもしれないすべてのセクハラ被害者に謝罪する」と述べた。

最近の群集心理は行き過ぎ

ただ、コラムの主張への支持は変えないとし、「メディアによるリンチ」や「弾圧的風潮」は好きではないとし、最近の群集心理は行き過ぎだと付け加えた。

ドヌーブさんや女性作家などフランスの女性100人は9日、仏紙ルモンドに連名でコラムを寄稿し、セクハラや性的暴力を告発する「#Metoo(私も)」運動について行き過ぎていると批判した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。