仏女優ドヌーブさん、セクハラ被害者に謝罪

告発運動を批判する姿勢は変えず

1月15日、フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブ(74)さんは、仏紙ルモンドに連名で寄稿したコラムでセクハラ告発運動の行き過ぎを批判したことで、セクハラ被害者が攻撃されたと感じたなら謝罪すると表明した。写真は昨年5月撮影(2018年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[パリ 15日 ロイター] - フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)は、仏紙ルモンドに連名で寄稿したコラムでセクハラ告発運動の行き過ぎを批判したことで、セクハラ被害者が攻撃されたと感じたなら謝罪すると表明した。

リベラシオン紙に15日に掲載された書簡で、ドヌーブさんは「ルモンドのコラムによって攻撃されたと感じたかもしれないすべてのセクハラ被害者に謝罪する」と述べた。

最近の群集心理は行き過ぎ

ただ、コラムの主張への支持は変えないとし、「メディアによるリンチ」や「弾圧的風潮」は好きではないとし、最近の群集心理は行き過ぎだと付け加えた。

ドヌーブさんや女性作家などフランスの女性100人は9日、仏紙ルモンドに連名でコラムを寄稿し、セクハラや性的暴力を告発する「#Metoo(私も)」運動について行き過ぎていると批判した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。