仏女優ドヌーブさん、セクハラ被害者に謝罪

告発運動を批判する姿勢は変えず

1月15日、フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブ(74)さんは、仏紙ルモンドに連名で寄稿したコラムでセクハラ告発運動の行き過ぎを批判したことで、セクハラ被害者が攻撃されたと感じたなら謝罪すると表明した。写真は昨年5月撮影(2018年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[パリ 15日 ロイター] - フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)は、仏紙ルモンドに連名で寄稿したコラムでセクハラ告発運動の行き過ぎを批判したことで、セクハラ被害者が攻撃されたと感じたなら謝罪すると表明した。

リベラシオン紙に15日に掲載された書簡で、ドヌーブさんは「ルモンドのコラムによって攻撃されたと感じたかもしれないすべてのセクハラ被害者に謝罪する」と述べた。

最近の群集心理は行き過ぎ

ただ、コラムの主張への支持は変えないとし、「メディアによるリンチ」や「弾圧的風潮」は好きではないとし、最近の群集心理は行き過ぎだと付け加えた。

ドヌーブさんや女性作家などフランスの女性100人は9日、仏紙ルモンドに連名でコラムを寄稿し、セクハラや性的暴力を告発する「#Metoo(私も)」運動について行き過ぎていると批判した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。