ベルルスコーニ氏が仏女優を賛美した理由

セクハラ告発批判のドヌーブさんを称賛

1月11日、イタリアのベルルスコーニ元首相は、セクハラ告発運動の行き過ぎに警鐘を鳴らし、男性を擁護する意見を表明した仏女優カトリーヌ・ドヌーブさんをテレビインタビューで称賛した(2018年 ロイター/Remo Casilli)

[ローマ 11日 ロイター] - イタリアの元首相で最大野党フォルツァ・イタリアのベルルスコーニ党首(81)は11日、セクハラ告発運動の行き過ぎに警鐘を鳴らし、男性を擁護する意見を表明した仏女優カトリーヌ・ドヌーブさんを称賛した。

ベルルスコーニ氏はテレビインタビューで「カトリーヌ・ドヌーブの言葉は賛美に値する」と述べ、「男性にくどかれれば女性は嬉しいのが自然だ。私にはそういった経験があまりない。何故なら常に女性の方が私を誘惑するからだ」などと語った。

ドヌーブさん(74)や女性作家などフランスの女性100人は9日、仏紙ルモンドに連名でコラムを寄稿し、セクハラや性的暴力を告発する「#Metoo(私も)」運動について、「ピューリタニズム」であり男性への憎しみにあおられたものだと批判した。

ベルルスコーニ氏は2011年、若い女性たちとの乱交パーティーや未成年者売春に対する捜査などのスキャンダルで首相を辞任している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。