トランプが暴露本「炎と怒り」に激怒するワケ

内容を否定、自身を称して「安定した天才」

暴露本を出版したジャーナリストのマイケル・ウォルフ氏(写真:REUTERS/Brendan McDermid/File Photo)

[ワシントン、1月6日(ロイター)] ドナルド・トランプ米大統領は1月6日、彼が精神的に大統領という職務に不適合だというマイケル・ウォルフの批判を否定し、自身の実業家としての経歴や選挙での勝利は「非常に安定した天才」であることの証だとツイートした。

トランプ政権の1年目のほとんどの期間を通じて、ホワイトハウスの広範囲にアクセスを許可されていたウォルフは「トランプは大統領に適していない」と自身の著作を推奨しながら言った。6日に放送されたインタビューで、ウォルフはBBCラジオに対して、同著作は「この大統領任期を…ゆくゆくは終わらせるであろう見識と理解」を作り出していると話した。

一連の異常な投稿で反撃

トランプは翌日の朝、ツイッターへの一連の異常な投稿で反撃した。これには彼の側近の何人かは、油断していたところを襲われたかのようだった。

トランプは、民主党の批評家や米国のニュースメディアは、他のやり方では彼を引きずりおろすことができないために、「昔のロナルド・レーガンの脚本を持ち出して、精神的安定性と知能について叫んでいる」と話した。1981年から1989年まで米国大統領を務めた共和党員のレーガンは、1994年にアルツハイマー病と診断され、2004年に死亡している。

「実のところ、人生を通して、私が持つ2つの最上の資質は精神的安定性と、なんというか、とても賢いということだった"Actually, throughout my life, my two greatest assets have been mental stability and being, like, really smart,"」と、前リアリティ番組スターであり不動産デベロッパーであるトランプはツイートした。

次ページ「非常に安定した天才だ!」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT