どこまでやったらクビになるか サラリーマンのための労働法入門 大内伸哉著

どこまでやったらクビになるか サラリーマンのための労働法入門 大内伸哉著

職場環境や労働条件に不満や不安がないサラリーマンはいないだろう。残業しても手当がつかない。上司のセクハラに困っている。会社の法令違反を知ってしまった。それほどでないが、会社の悪口をブログに書いている、仕事中に私的にインターネットを使っている、社内不倫をしている、会社に内緒の副業がある、経費をちょっと流用したなど、普段自分がやっている行動は、処分の対象なるのか。

こうした行為を、実際に裁判で争点となった実例と架空のケースを交えながら、法律家の著者が労働法に照らし合わせて検証する。この検証で「法」のルールを知っておけば、どんなときに会社と本気で「喧嘩」すべきかも冷静に判断できるようになる。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。