どこまでやったらクビになるか サラリーマンのための労働法入門 大内伸哉著

どこまでやったらクビになるか サラリーマンのための労働法入門 大内伸哉著

職場環境や労働条件に不満や不安がないサラリーマンはいないだろう。残業しても手当がつかない。上司のセクハラに困っている。会社の法令違反を知ってしまった。それほどでないが、会社の悪口をブログに書いている、仕事中に私的にインターネットを使っている、社内不倫をしている、会社に内緒の副業がある、経費をちょっと流用したなど、普段自分がやっている行動は、処分の対象なるのか。

こうした行為を、実際に裁判で争点となった実例と架空のケースを交えながら、法律家の著者が労働法に照らし合わせて検証する。この検証で「法」のルールを知っておけば、どんなときに会社と本気で「喧嘩」すべきかも冷静に判断できるようになる。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT