タイガー・ウッズ、「2018年フル参戦」に意欲

「公私ともに素晴らしい1年にしたい」

 12月29日、男子ゴルフで通算14回のメジャー優勝を誇るタイガー・ウッズは、2018年はツアーにフル参戦したいとの意向を明らかにした。ニューヨークで3月撮影(2017年 ロイター/Mike Segar)

[29日 ロイター] - 男子ゴルフで通算14回のメジャー優勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)は29日、2018年はツアーにフル参戦したいとの意向を明らかにした。

ウッズは42歳の誕生日の前日、自身のウェブサイト上のブログで1年を総括。「できれば2018年はフル参戦したい」とし、「体づくりとゴルフの練習に励み、様子を見たい」とした。出場する大会は未定という。

ウッズは今月、慈善大会ヒーロー・ワールドチャレンジで実戦復帰。8カ月前に受けた腰の手術の影響を感じさせないプレーを披露し、18人中9位タイの成績を収めた。

同選手は「浮き沈みの激しい1年だったが、2018年についてはとても前向き。公私ともに素晴らしい1年にしたい」と意欲をつづった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。