タイガー・ウッズ、「2018年フル参戦」に意欲

「公私ともに素晴らしい1年にしたい」

 12月29日、男子ゴルフで通算14回のメジャー優勝を誇るタイガー・ウッズは、2018年はツアーにフル参戦したいとの意向を明らかにした。ニューヨークで3月撮影(2017年 ロイター/Mike Segar)

[29日 ロイター] - 男子ゴルフで通算14回のメジャー優勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)は29日、2018年はツアーにフル参戦したいとの意向を明らかにした。

ウッズは42歳の誕生日の前日、自身のウェブサイト上のブログで1年を総括。「できれば2018年はフル参戦したい」とし、「体づくりとゴルフの練習に励み、様子を見たい」とした。出場する大会は未定という。

ウッズは今月、慈善大会ヒーロー・ワールドチャレンジで実戦復帰。8カ月前に受けた腰の手術の影響を感じさせないプレーを披露し、18人中9位タイの成績を収めた。

同選手は「浮き沈みの激しい1年だったが、2018年についてはとても前向き。公私ともに素晴らしい1年にしたい」と意欲をつづった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT