平均年収「関東のトップ300社」ランキング

東京以外で算出、技術ある優良企業が上位に

東京を除いた関東地方に本社がある平均年収のランキングは?(写真:たっきー / PIXTA)

東洋経済オンラインでは、『会社四季報』の本社所在地データを使い、上場企業を全国7地域別に分けた最新の平均年収ランキングを配信している。今回紹介するのは、東京を除いた関東地方に本社がある企業の平均年収ランキングだ。

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県の6県に本社を置く上場企業は、合わせて338社。1000万円を越えたのは2社で、上位7位までを神奈川県勢が占めた。一方、平均年収が400万円に満たない会社は10社だった。

ランキングには、1年前時点と比較した増減額を併載している。平均年齢もランキングに加えているほか、持ち株会社体制の会社には、「純」のマークを付けた。各企業の平均年収と年齢は、2016年8月期から2017年7月期の有価証券報告書に記載された単体の数字を用いている。

単体の従業員数が20名に満たない場合や、直近の平均年収が有価証券報告書に開示されていない会社は、対象外としている。調査時点を合わせるため、本社所在地は、『会社四季報』2017年4集調査時点のものとした。

プラント大手がランキングの上位に並ぶ

『会社四季報 2018年1集』(東洋経済新報社)。上場企業各社の財務、各種基本情報のほか、平均年収なども網羅。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

1位は、半導体用の欠陥検査装置が主力のレーザーテック。平均年収は昨年に比べて20万円増の1048万円となり、東京を除く関東地方で2年ぶりにトップに返り咲いた。半導体の需要の高まりを受けて、人員を増加させているものの給与水準は上向きだ。

3位は東京大学発の創薬ベンチャーのペプチドリームで、平均年収は同55万円増の993万円。トップ3入りを果たした。大手製薬会社らと共同で研究開発を行うほか、技術のライセンス契約を結ぶなどして収益は安定している。

上位に多数ランクインしているプラント大手も安定して高水準だ。2位日揮の平均年収は1000万円(平均年齢43.6歳)、6位千代田化工建設892万円(同40.9歳)、8位東洋エンジニアリング846万円(同43.6歳)などが名を連ねる。日揮も千代田化工建設も、直近決算は好調とはいえない数字だが、前年比で平均年収は増加している。

次ページまずは1~50位
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?