近代日本の分岐点  深津真澄 著

近代日本の分岐点  深津真澄 著

大正という時代を重視する立場から4人の政治家が登場する。いずれも一筋縄ではいかない人物たちだ。対華21カ条の要求で悪役のイメージが強い加藤高明は、後年、対中不干渉の立場に転ずる。田中義一は張作霖爆破事件で天皇に叱責された事件が有名だが、内外の情勢を見極めようとしたバランス感覚もあった。

平民宰相として知られる原敬は、実は大衆不信が強烈で普通選挙には反対、利権型の選挙を推し進めた。小村寿太郎は、ロシアとの交渉で現実的な外交を進めたが、帝国主義的な視点から抜け出すことはなかった。いずれも功罪相半ばする政治指導者の多面的な事実を伝える。

4人の政治家とともに、戦前はジャーナリストだった石橋湛山にも1章を設けている。力と権益に目がくらみ、大局を読み損ねた政治家たちとの対照が鮮やかである。戦前の無謀な戦争はなぜ起きたのか。その変化の萌芽は、大正期にあったとの提起は重要だ。(純)

ロゴス 2730円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT