新入社員は「PCの大掃除」が年末の大仕事だ

作業効率に影響、年の瀬こそやっておきたい

まずは最も汚れがつきやすいキーボードから。

キーボードの汚れは、文字の書かれたキー(キートップ)一つひとつが手の脂などで黒ずんでベタつくのと同時に、キーとキーのすき間にホコリや髪の毛が入り込んでいることが多い。ついでにおやつに食べたポテトチップスの破片や、先輩が出張先で買ってきた信玄餅のきなこなどが入り込んで、すき間の下を侵略していたりする。

そのため、用意したいのはまず「エタノール」と「エアダスター」である。エタノールは、コンビニやスーパーで売っている消毒用エタノールスプレーでOK。まずこれをかわいた布きれに染み込ませたうえで、キートップを拭いていく。もちろん、このときはパソコンの電源を落としてから行おう。

キーは外せるので、洗濯するのも選択肢?

キーボードの”キー”は専用の工具を使えば簡単に取り外すことができる(筆者撮影)

これだけでみるみる黒ずみは取れ、ベタベタしていた肌触りも、新品同様に変わっていく。さらに、すき間に入り込んだホコリは、ノズルから勢いよく空気を吐き出すスプレー缶「エアダスター」の出番だ。シュ!と勢いよくキーの間に吹き込めば、ホコリが勢いよく飛び出てくれる。

「もちろん、これだけでもキレイになりますが、年に1度の大掃除なら、キーを外してキレイにするのがおすすめですね」(芹澤さん)

案外知られていないが、基本的にほとんどのデスクトップパソコンのキーボードのキー(キートップ)は取り外せる。ドライバーなどで引き抜くこともできるが、専用のキー引き抜き工具が、数百円でパソコンショップやAmazonなどで売っているので、事前に購入しておくといいだろう。これを使ってキーを1つずつはさんで、ガキッと引っこ抜いていく(写真)。壊れそうで怖いかもしれないが、そもそも取り外しできる構造だし、キーボードはハードに扱われることを想定しているので大丈夫だ。

「こうしてすべてのキーを取り外したら、これを洗濯ネットに入れる。私の場合は、これを洗濯機で洗っちゃいます」(芹澤さん)

いや、いくらなんでもハードに扱いすぎだろう、とも思うが、実際、洗濯洗剤を使って普通に洗濯してしまう人は多いという。洗濯機を使わなくても、洗濯ネットに入れて、風呂桶などに中性洗剤とお湯を入れて、さっともみ洗いしてもいい。終わったあとはすすいでタオルでふきとって、自然乾燥させるだけ。キーを一つひとつエタノールでふくよりも極めて簡単かつ豪快にキーをキレイにできる、というわけだ。

「さらにすべてのキートップを取った本体に心置きなくエアダスターをふきかけてホコリを取ってください。そして乾いたキートップをまたガチガチとはめ込んでいけば大丈夫」(芹澤さん)

ただ、1つだけ注意点がある。それは、「あれ、Hのキーってどこだっけ……」などと取り付け直す段になって、キーの位置がわからなくなること。それを避けるために、取り外す前にデジカメでキーボード全体を撮影しておくと安心だ。

次ページ本体も、年に1度は御開帳を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。