ビットコインで殺人の報酬を払った女の末路

6年の禁錮刑、刑期を終えたら国外追放に

12月15日、デンマークで、恋人の殺人をウェブサイトで依頼し、殺し屋への報酬をビットコインで支払った58歳のイタリア人の女に、6年の禁錮刑が言い渡された。写真は先月6日撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

[コペンハーゲン 15日 ロイター] - デンマークで15日、恋人の殺人をウェブサイトで依頼し、殺し屋への報酬をビットコインで支払った58歳のイタリア人の女に、6年の禁錮刑が言い渡された。

3月に依頼された殺人は実行に至らなかったが、当時の価値で約4000ドル(45万円)相当の4.1ビットコインが、殺し屋の仮想口座に振り込まれていた。

この女は30年前からデンマークに住んでいたが、刑期を終えたら国外追放になるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。