ビットコインで殺人の報酬を払った女の末路

6年の禁錮刑、刑期を終えたら国外追放に

12月15日、デンマークで、恋人の殺人をウェブサイトで依頼し、殺し屋への報酬をビットコインで支払った58歳のイタリア人の女に、6年の禁錮刑が言い渡された。写真は先月6日撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

[コペンハーゲン 15日 ロイター] - デンマークで15日、恋人の殺人をウェブサイトで依頼し、殺し屋への報酬をビットコインで支払った58歳のイタリア人の女に、6年の禁錮刑が言い渡された。

3月に依頼された殺人は実行に至らなかったが、当時の価値で約4000ドル(45万円)相当の4.1ビットコインが、殺し屋の仮想口座に振り込まれていた。

この女は30年前からデンマークに住んでいたが、刑期を終えたら国外追放になるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。