「ビジネス年賀状」今さら聞けない基本マナー

メールは元日でなく相手の仕事始めの日に

「重複表現」で失敗する人もいる。「『謹賀新年』と印刷してある年賀はがきに、『あけましておめでとうございます』と書き込んでしまった」「『新年あけましておめでとうございます』と書いてしまった」などが、その例だ。使いなれない言葉なだけに、知らずに同じ意味を重ねて使いがち。言葉の意味をきちんと調べて理解すれば、重複表現は避けられる。

年賀状の文面を考えたり、市販の年賀状を購入する時に悩むのはあいさつの言葉。1文字の「寿」や「福」、2文字の「迎春」や「初春」、四文字熟語の「謹賀新年」「恭賀新年」、文章の「あけましておめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など、様々な賀詞があるからだ。

「1文字は『祝う』とか、『喜ぶ』といったメッセージしかありません。2文字になれば、『新年を祝う』という意味になりますが、相手に向かって『新年を祝う』というのは、少しいばった印象を与えます。ビジネスの場では、より丁寧な『四文字熟語』か『文章』を使う方が望ましいでしょう」(伊東氏)

ただ、四文字熟語は丁寧な印象を与える一方、漢字が重なって固い印象になる。気持ちを伝えるためには、やわらかい印象の文章にした方が効果的。新入社員なら、文章の方がおすすめだ。

修正ペンの使用や、古い部署名はマイナス効果

誤字や脱字など、基本的な間違いにも注意したい。

「3年連続で、宛名の漢字を間違えて送ってくる人がいる。来年も、また間違えた年賀状が来るんでしょうね。出してくれるのはうれしいが……」(サービス・34歳)

「修正ペンを使って書き直している人がいた。ハガキを無駄にしたくないのは分かるけど……」(教育 40歳)、「書き損じた年賀状が送られてきてびっくり! 送る束に紛れちゃったんでしょうね」(運輸・29歳)。

「異動して数年たつのに、前の部署に年賀状が送られてくる。情報の管理はどうなっているのかなと思います」(商社・46歳)

「毎年2枚ずつ出してくる人がいる。リストの見直しもしてないんだろうなぁ。返事を書くのをやめました」(広告・39歳)

といった声があるように、せっかく年賀状を出したのに、相手に「失礼だ!」「常識がない」などと思われては、逆効果になる。

「最近、はやりの消えるボールペンで書いて修正するのも好ましくありません。あとは切手にも気をつけたいですね」(伊東氏)

次ページお年玉くじは出す側にもメリット
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT