日の丸ジェットエンジン繁盛記~大盛況でも深まる矛盾


どこに与するのか 大きな岐路に直面

苦しい選択はそれだけではない。IHI、いや、日本のジェットエンジン業界は、大きな岐路に差しかかっている。焦点は、現在の日本のジェットエンジン業界を作り上げたV2500の後継エンジンである。

ボーイングもエアバスも、B737、A320の後継機を開発する条件として、高効率の新エンジンを求めている。効率競争に火をつけたのがP&Wの「GTF」(ギアード・ターボファン)という新エンジンだ。

やや説明が煩雑になるが、ジェットエンジンは、タービンの回転が速いほど、逆に、エンジン前方のファン(空気を取り入れ、推力を得る)は低速で回るほど効率が高まる。ところが、タービンとファンは同じシャフトでつながっているから、その両立は不可能だった。

GTFはファンとタービンの間に変速ギアを挿入することによって、不可能を可能にした。ゆっくり回るためファンを大きくし、バイパス比(コアの外を流れる空気とコアから排出される空気の比率。バイパス比が高いほど効率が高まる)を高めることができる。燃費は1~2割改善し、メンテ費用も4割削減できる。

すでにMRJと加ボンバルディアのCシリーズ(120席)がGTFの採用を決めたが、P&WはB737、A320の後継機への搭載も狙っている。焦ったのは、GEだ。

現行の「CFM56」(V2500のライバルエンジン)の改良ではGTFに対抗できない。12億ドル投じながら、20年前にいったん開発を断念した「オープンローター」に再チャレンジしようとしている。

オープンローターは、ファンが覆いの外にむき出しになり、一見、プロペラ機のような外見になる。覆いがないため、バイパス比は無限大、燃費は3割改善する。騒音と複雑なメカニズムが難点だが、ロールスも独自にオープンローターを検討中と伝えられる。

「これほど状況が流動化したことはない。会う相手がみんな勝手なことを言っている」(IHI・満岡氏)。悩ましいのは日本の3社だ。

三菱重工はMRJで採用したGTFの生産に参加する。「V2500の後継は同じ仲間で、と提案しているが、P&Wとロールスがどう出るか」(三菱重工・川井昭陽常務)。P&WとロールスがGTFとオープンローターでたもとを分かてば、三菱重工はP&Wにつくしかないだろう。川重はトレントの延長線上、ロールスにくみするとして、IHIはGEを選ぶのか、ロールスに戻るのか。場合によって、今度は日本勢が3分裂することにもなりかねない。バラバラなら政府助成もなくなり、その分、参加シェアもさらに下がる。

「死に物狂いの飛躍」がもたらした現在の日本のジェットエンジン産業の“大活況”。選択を誤れば、大本の遺産の継承さえ怪しくなる。


(週刊東洋経済)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT