日の丸ジェットエンジン繁盛記~大盛況でも深まる矛盾

787向けでは“分裂” 薄まる存在感

川崎重工のジェットエンジンの拠点、西神工場は06年から毎年1棟新設し、こちらの能力は3倍増だ。

4月、その西神工場でロールスとの「RSP20周年記念式典」が催された。ロールスの会長、駐日英国大使が式典に駆けつけたのは、回顧談にふけるためではない。進行中の新プロジェクトでの団結をたたえ、これからの健闘を誓い合うためだ。

 新プロジェクトとは、787向けのエンジン「トレント1000」。従来、川重の参加比率は4~5%だったが、1000では8・5%に引き上げた。川重は中圧縮機をモジュールごと開発・生産する。「部品の下請けではなく、まとまったモジュールを手掛けたい。それには、8・5%のシェアが必要」(金森氏)。ロールスが身内以外にモジュールを丸ごと任せるのは、これが初めて。

だが、トレント1000には、V2500でロールスが最も信頼した戦友、IHIの姿がない。IHIは787向けのエンジンについては、トレント1000の正面の敵、GEの「GEnx」に走ったのである。もちろん、ロールスからも声がかかった。誘いを振り切ったのは、IHIとしての事業合理性からだ。

 GEnxは777向けのGE90のコアエンジンをベースにしている。IHIはGE90では低圧タービンのローターとシャフトを担当した。GEnxなら、同じ分野をさらに強化できるという思いである。

V2500では一致団結した日本連合が分裂し、奇妙なことが起こった。20年前のV2500に比べ、プロジェクトごとの日本のシェアが低下したのだ。V2500の日本シェアは23%だったが、GEnxの日本(IHI+三菱重工)シェアは14%に、トレント1000は15・5%(川重+三菱重工)にダウン。プロジェクトごとの日本の存在感は低下、ないしは停滞しているのだ。

当事者には後退などという意識は毛頭ない。「(V2500では)すべてを最後にロールスがレビューした。今は、こんな感じでやってくれ、と任される。予備校生が普通の社会人になった」(満岡氏)。

従来、日本の守備範囲は低温・低圧分野が中心。コアエンジン(高温・高圧のタービン・圧縮機)はオフリミットだったが、IHIはリージョナル機向けCF34から高圧圧縮機の後段も手掛けている。一歩前進だが、前進の歩幅は限られている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT