ノーベル賞を多く生むドイツ科学教育の本質

地方都市でも「生の科学」に触れる機会が多い

ドイツはアインシュタインなど著名な科学者を多く生んだ国ですが、どんな科学教育が行われているのでしょうか。写真は光物理学の実験を体験するドイツの少年(筆者撮影)

 ノーベル賞の授賞式が日本時間の12月10日午前4時、スウェーデンのストックホルムで開かれる。今年の受賞者に日本人の名前はないものの、文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏が日本生まれとあって、日本では彼に注目が集まっている。

筆者の住むドイツでも同様に、今年の受賞者にドイツ人はいないものの、化学賞を受賞したヨアヒム・フランク氏がドイツ系アメリカ人であることから、彼が話題を一手に引き受けている。

アインシュタインもドイツ出身

ドイツは20世紀を代表する物理学者、アルベルト・アインシュタイン(後にアメリカ国籍を取得)やX線を発見したヴィルヘルム・レントゲンなど著名な科学者を多く生んでおり、科学者を育てる土壌があるといえる。

ノーベル財団は選考基準を公開していないが、自然科学分野のノーベル賞受賞の多くは長年の研究成果に対するものが多いようだ。さらに、人々の暮らしの進化につながった研究の受賞も目立つ。

ノーベル賞に値する科学者の育成は、多くの国で熱心に取り組まれている。ただ、学校教育を充実させるだけでなく、子供のときから科学に親しむ機会があることも重要だろう。

そうした機会の成功例が、ドイツの地方都市には存在する。中南部のニュルンベルクを中心に開催される「科学の夜長」は、社会の中で科学がどう役立っているのかを、子供から大人までが楽しく知れるイベントだ。

次ページ一夜限りの地域の「科学万博」
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。