日本株は今すぐにあせって買う必要はない

テクニカル面ではもう一段の下落の可能性も

前述の相場格言にも、2通りの見方がある。下落幅の半分まで値を戻した相場は、再びもとの高値まで戻るとの見方がある。一方で、大きく下げた相場がいったん半分まで戻した場合、欲張らずに利益確定売りをした方がよいとの見方もあるのだ。

テクニカル面から見た日経平均の下値メドは?

非営利の団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では「テクニカル分析を学びたい」という読者に随時セミナーを開催。ボリンジャーバンドの開発者であるジョン・ボリンジャー氏を東京と大阪に招きます〔11月18日(土)東京=終了、同25日(土)大阪・梅田スカイビル、日本語通訳つき〕。興味のある方はこちらからお申し込みください

もし、今後、仮に相場がもう一段調整した場合、日経平均の下値メドはいくらか。以下の2つが挙げられる。

(1)2万1805円(10月24日終値、16連騰の終了日)

現在は売り方の買い戻し等から、相場が自律反発している過程ともとれる。しかし、仮に2万1805円(16連騰最終日)を下回ると、売り方が優勢となり、もう一段の下落が想定される。

(2) 2万1106円(9月安値1万9274円から11月高値2万2937円まで上昇した分の半値押し)

2ヵ月間の日経平均株価の上げ幅は3700円近くに達している。現在は2万3000円を目指して再度上昇しているようにも見えるが、いったん利益確定売りに押されても不思議ではない。

まずは、11月末の日経平均株価が2万2011円(10月末終値)を割らないで終了するかに注目したい。この額を下回ると、11月は急伸したものの、結局最後は10月を下回ったとなれば、急ピッチな上昇相場が一服することを示唆するからだ。

一方、長期投資家の売買コストとされる200日移動平均線を見ると、まだ2万円前後だ。前出のように、相場の下支えとなる個人や年金等の待機資金は積み上がっている。目先の急騰や急落にあまり惑わされず、客観的かつ冷静に相場を捉えたい。筆者は、今ではなく、年末にかけて押し目買いの局面が訪れるとみている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。