外国人投資家がまだまだ日本株を買う理由

相場を登山にたとえれば、今は「何合目」?

「まだまだ外国人は日本株を買ってくる」と筆者は読む。ある「確信」があるからだ(写真:木村優光/ PIXTA)

前回のコラムでは、次の日経平均株価の目標は1996年6月26日の2万2666円だとした。この株価は立ち直りかけた平成バブル崩壊後の日本経済が1997年の消費税増税で致命傷を受け、真性デフレに陥った直前の高値である。この高値を取るということは、20年前の大失策を20年かけて取り戻すことを意味するとした。

そして、そのためには、劣化している銀行株の立ち直りが必要と書いた。しかし、銀行株など関係なく(もちろん銀行株も買われ始めたが)、好業績株だけで今にも終値で2万2666円を取りそうだ。実際、11月6日は終値ではないものの、日中はあと約22円まで迫る場面があった。

今は、金融相場と業績相場が「並走中」

このような好業績銘柄だけで高値を取る形を、相場循環論では「業績・景気回復相場」と呼ぶ。では今までの「金融・流動性相場」は終わったのかと言うと、出口論は時期尚早と一喝した黒田東彦・日銀総裁の発言で、答えは「ノー」だ。

つまり今の黒田異次元緩和継続の中で2万2666円を抜くということは、金融・流動性相場と業績・景気回復相場が同時に存在することを意味する。

株式市場の長い歴史の中では、金融・流動性相場から業績・景気回復相場に移行するときに、バトンがうまく渡らず、「クレバス」のような深い割れ目に落ちる波乱が何度も起きた。しかし、今回ほど明確に金融・流動性相場と業績・景気回復相場が重なり合った例は、筆者の記憶にはない。予想外の大相場が始まっているのだ。

次ページ現在は登山にたとえれば「6合目」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT