エコノミック恋愛術 山崎元著

エコノミック恋愛術 山崎元著

「キャバクラのコストから考えると美人がオフィスにいる経済価値は年間で推計184万円」「失恋すると自信が23.6%低下する」「合コンで幹事よりいい男(女)が来ない理由」「女性が少ない職場の方が有利な競りの対象になりやすい」……。恋愛をめぐる出来事を、こじつけも含めて経済学の理論を使って分析。

少ない努力で成果をあげる「恋愛のコツ」と、世界を理解する「経済学のツボ」の両方を同時に分からせようという「壮大な目的」で書かれたが、実際には「読者にくすくす笑ってほしい」というユーモア小咄を集めることに。恋愛は不確実性と障害で盛り上がる。「恋してから学ぶ方がずっと能率がいい」として、「まず(恋愛の)実践」を勧める。

ちくま新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT