エコノミック恋愛術 山崎元著

エコノミック恋愛術 山崎元著

「キャバクラのコストから考えると美人がオフィスにいる経済価値は年間で推計184万円」「失恋すると自信が23.6%低下する」「合コンで幹事よりいい男(女)が来ない理由」「女性が少ない職場の方が有利な競りの対象になりやすい」……。恋愛をめぐる出来事を、こじつけも含めて経済学の理論を使って分析。

少ない努力で成果をあげる「恋愛のコツ」と、世界を理解する「経済学のツボ」の両方を同時に分からせようという「壮大な目的」で書かれたが、実際には「読者にくすくす笑ってほしい」というユーモア小咄を集めることに。恋愛は不確実性と障害で盛り上がる。「恋してから学ぶ方がずっと能率がいい」として、「まず(恋愛の)実践」を勧める。

ちくま新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。